船橋市の家族葬のメリットを解説

船橋市での葬儀を家族葬によって行うメリットは幾つかありますが、選ばれる理由で最も大きいのが、従来型の葬儀よりも費用がかなり抑えられるという点です。従来型の葬儀での全体にかかる費用は、飲食接待費なども含めて全国平均で200万円近くとなっており、葬儀社に支払う金額だけでも120万円以上かかると言われています。家族葬でかかる費用は形式の違いなどにもよりますが、従来の葬儀よりも規模自体がコンパクト化されていることもあって、概ね40万円から100万円程度といった相場になっています。高めのプランを選んでも、従来型葬儀のほぼ半額で行えることになります。プランの選び方によっては、さらに費用を抑えられることもあって、自分の葬儀費用のことで家族に負担を掛けないよう、あらかじめ葬儀社やプランを選択しておいて、エンディングノートに記載する人も出て来ています。

家族だけで静かに故人を偲べる葬儀

船橋市でも首都圏の他エリア同様、近年、家族葬が葬儀の主流となりつつあり、多くの葬儀社も専用プランを充実させています。都心への通勤に便利なベッドタウンということもあって、市内には大規模マンションの建設も進み、隣近所との付き合いが希薄な世帯が増えました。マンションのエレベーターでは、病院で亡くなった故人を自宅に搬送しにくいという面もあり、直接斎場へ向い、そこで葬儀が行われることも一般的となりました。葬儀を自宅では行わず、斎場で行うケースが増えたのは戸建て住宅も同様で、船橋市内では、自宅での葬儀がほとんど見られなくなりました。葬儀の手配全般も業者が行うことで、かつてのように隣近所の助けを借りることもなくなり、結果的に、家族だけで故人を偲ぶことができる家族葬を選ぶことが、自然な流れになったという面もあります。

時代のニーズにも合っているコンパクト化傾向

近年、葬儀のコンパクト化だけでなく、埋葬形式も自然葬や永代供養墓など、なるべく費用が掛からない方向での変化が進んでいます。船橋市内のみならず周辺地域でも、樹木葬区画や都市型納骨堂などが新設されるようになっており、家族と親戚のみで行われる葬儀が主流となって来た傾向との連動をうかがわせています。都心とのアクセスが良い南部のターミナル駅周辺だけでなく、市内全域各地での斎場の新設も目立つようになりました。かつてのように大ホールがメインというよりは、家族のみで静かにお通夜のひとときを過ごせるような、居心地の良さに配慮されたこぢんまりとしたホールが増えています。見学会などで、そういった斎場の設備を見て、そこを使える葬儀社を選ぶといった方法も取られるようになって来ています。