船橋市の家族葬に見られる特徴とは

家族葬は、最近の船橋市でも増えてきている葬儀の種類のひとつです。これまでのような、伝統に則った一般葬とは違って、家族や親戚を主体にして、場合によっては亡くなった人との親交が深かった友人などを加えて執り行うスタイルです。逆にいえば、それ以外の地域や会社関係の、単に社会儀礼としてだけの参列が見込まれている人には、あえて参列を呼びかけないスタイルと表現することもできます。そのため、形式にとらわれずに、亡くなった人との別れをしっかりとできるほか、少人数な分だけ、金銭的にも遺族への負担が少ないメリットがあります。全国的な視点をもって見れば、地域によってもさらにいくつかの特徴が挙げられる場合がありますので、これらの特徴を踏まえてオーダーすることも大切です。

プランが豊富で選択肢の幅が広い

船橋市の家族葬ですが、地域の葬儀社に依頼すれば、さまざまなプランを提示してもらうことができます。葬儀の種類としては比較的新しいため、地方の葬儀社ではプランが極端に少ないか、そもそも取り扱っていないケースさえありますが、船橋市は首都圏のなかでも人口が多い地域のため、葬儀社も多く、遺族の側が選ぶことができる選択肢は幅広いといえます。具体的なプランの違いについてですが、基本は参列者の人数をどの程度まで見込むかによります。参列者の人数によって、式場として準備しなければならないホールの規模は違いますし、祭壇についても、式場の大きさにあわせる必要があります。これがプランの基本ですが、ほかには生花の本数を多くしたり、同じサイズでも祭壇をより立派なものにするなどの、グレードの違いがみられることもあります。

亡くなった人にふさわしい演出ができる

船橋市の家族葬のもうひとつの特徴として、亡くなった人にふさわしい演出ができることが挙げられます。葬儀に演出というのも一般にはなじみがないところですが、亡くなった人が生前に好きだった音楽や趣味の要素などを、葬儀のなかに盛り込むことを意味しています。葬儀のなかでの演出は、遺族が別途依頼をするというよりも、葬儀社がプランの一部として、またはオプションとして、はじめから提示していることもあります。具体的には、葬儀のなかで音楽を生演奏したり、生前のようすを撮影した映像を流したり、亡くなった人が趣味でつくった絵や工作を展示したりすることが行われます。宗教に縛られたくない人の場合には、焼香に代えて献花をするなどの、無宗教のプランが利用されることもあります。