家族葬を船橋市で行いたい人のための基礎知識

家族や親族を初め、友人などのような近しい関係者だけで執り行う葬儀を家族葬と言います。密葬と同じようなイメージを持つ人も多いかと思われますが、密葬の場合は、近親者や親しい人だけで葬儀が執り行われ、後日、一般参列者を招いて本葬を執り行うのが特徴です。最近は、東京や千葉県など、都心部で家族や親族、友人だけを招いて葬儀を執り行うケースが増えており、千葉県の船橋市などでも内輪だけの葬儀を考える人が増えています。尚、増えている理由の背景には、故人とゆっくりとお別れする事が出来るからなどがあります。さらに、葬儀に来てくれた人は故人の事を良く知る人ばかりなので、一般的な葬儀とは事なり、多くの会葬者への対応が要らない、会葬者への食事や香典返しなどの負担が少ないなどのメリットもあります。

葬儀の流れについて知っておきましょう

船橋市は千葉県の北西部に位置する都市で、2003年4月1日に中核市へ移行、2012年4月1日に熊本市の政令指定都市への移行が行われるなど、2017年5月現在の人口は約63万人で、人口は年々増加傾向にあります。東京のベッドタウンとしての役割を持つ事からも、人が多く住む都市です。葬儀の流れは大きく分けると葬儀前、お通夜、葬儀の3つに分ける事が出来ます。家族葬を行う中で葬儀の流れを把握しておく事は大切な事です。ご臨終となった後は、搬送および安置を行い、これと同時に葬儀の打ち合わせ、納棺などが葬儀前の準備となります。最初にお通夜、通夜ぶるまいを行い、葬儀式、告別式、出棺の順番で執り行い、火葬場での火葬およびお骨上げを行います。遺骨の供養、初七日法要、精進落としの順に行う事になります。

船橋市内で家族葬が可能な葬儀社を探しましょう

ご臨終を迎えると同時に遺体の安置や搬送を行ってくれる葬儀社を探す必要があります。船橋市内には駅から比較的近い場所に葬儀社があるので、自宅から近い場所にある葬儀社をネットなどで検索、家族葬が可能であるのか否かも確認しておきましょう。ちなみに、病院で葬儀社を紹介されるケースもありますが、予め決めている葬儀社がある場合にはお断りしても構いませんし、搬送だけをお願いする事も可能です。病院で亡くなった場合、遺体は病院の霊安室で2~3時間安置が行われ、その後は自宅や斎場、葬儀社の遺体安置室などに搬送する事になります。そのため、一旦自宅で遺体を安置してから葬儀社を探す事も可能です。尚、葬儀社はあくまでも故人を偲ぶための葬儀を執り行ってくれる会社であり、火葬においては専用の火葬場で執り行う事になります。

当社は県内に10カ所の直営式場を運営している為、式場のフォロー体制も万全です。 実際に当社をご利用くださったお客様からの声を掲載させて頂いております。 地域のご依頼件数がNo1!皆様に選ばれ続けている当社を安心してご利用下さい。 遺言や相続のことに関しましても当社では弁護士や税理士をご紹介できる形になっております。 船橋市で家族葬をするなら